九州は宮崎県のミツイ水産株式会社です。

天然ふぐや養殖ふぐ(天畜ふぐ、畜養ふぐ)、高級加工等のミツイブランドをご紹介いたします。

HOME > ミツイブランド

■ミツイブランド

ミツイ水産 ふぐブランドについて

世界へ届け、ミツイの思い

1 天然ふぐ

日向灘の天然ふぐは、地付きふぐが主流。また、宮崎県は稚魚の放流をしない事で知られており、従がって純天然のトラふぐが延縄で釣れます。延縄船には浮き縄と底縄がありますが、弊社の天然ふぐは主に底縄で獲れたふぐで、これが地付きふぐになります。天然ふぐの美味のもとは、甲殻類等の捕食習性にあるようです。

2 養殖ふぐランク

養殖ふぐには、陸上ふぐと海上ふぐとがあります。弊社では良質なふぐをご提供することへのこだわりから、独自の判断基準で、天畜ランク、畜養ランク、養殖ランクの3ランクに分けて出荷しております。

<天畜ふぐ>

付加価値として、天然ふぐの身質に近付けた養殖ふぐを天畜ふぐの名称として使っています。
”餌、稚魚、水、環境、歯切り、扱い”が管理された養殖場で、どこまで天然ふぐの域に
達したかを”味、良質、色、サイズ”に照らして、基準にのっとって決めていきます。
身質に”透明感、粘り、甘味、身の色、身の伸び、歯ごたえ、酷”がありサイズは1.5kg前後で、一番の”売れ時”を考えて加工しています。

<畜養ふぐ>

天畜ふぐを判断していく過程で、天畜ふぐよりもワンランク劣りはしますが、中位レベルのものを主に畜養ふぐの名称で使用しています。また、取引先の養殖業が生産したふぐのうち特に品質が良いものを畜養ふぐとして選別します。

<養殖ふぐ>

シーズン前に弊社の取引先の養殖場からサンプルを取り寄せ、刺身と加熱処理した際の品質と味の確認を実施します。つぎに、陸上ふぐと海上ふぐに優先順位を付け、価格と品質の安定したもの(適正価格)を養殖ふぐとして決定します。

<ミツイ水産の高級加工の意義>

手作業で丁寧に心を込めて、無駄なく加工処理を致します。
ふぐは水分が一番の大敵であり、従がって水分を抜くことにより歩留まりも上がり、しかも腐敗を抑えることになります。また、お客様に弊社のふぐを食材としてご利用頂けることにおいて、決して”損”をさせないことを前提に加工しております。
この一連の工程で、正味期限を限界まで延ばす“熟成ふぐ”を確立させることができました。

冷凍薄造り刺身(特許 第4147327号)

これは、今までにない画期的なシステムです。
端的にいえば、1万人の大宴会でも問題なく対応することが可能です。
ふぐ料理の注文が入った場合、職人さんの手をわずらわせることなく
提供できる“技”が、この特許の意味です。又、今までの冷凍・解凍の刺身の水っぽさを克服
出来ました。また、この冷凍システムで一人前のコース料理もメニューとしてお出し出来ます。

加工の様子盛り付け

冷凍とらふぐ刺し冷凍とらふぐ刺し
各サイズご用意してます

とらふぐチリ(冷凍)とらふぐチリ(冷凍)

とらふぐ本皮刺し(冷凍)とらふぐ本皮刺し(冷凍)

取扱い説明


ページ先頭へ